区切り線
宣伝掲示板 TOP画像
区切り線

宣伝掲示板の種類はどんなのがある?

書き込みタイプだと…
  1. スレッド式→例:
  2. 通常タイプ→例:

  1. スレッド式は「題名」「タイトル」が表示され、(スレッドタイトル、略して「スレタイ」)タイトル部分をクリックすると内容が表示される。タイトルにキャッチーな、訪問者の目に止まる宣伝文句を用意したい。通常タイプの宣伝掲示板に比べ、一段下層のディレクトリに格納される形になるので、披リンク獲得の観点からすると効果は下がる可能性がある。訪問者からすると整理整頓されていて探し易く、興味のあるスレッドタイトルに惹かれてクリックする可能性は高い。

  2. 通常タイプの宣伝掲示板は「昔の忍者が口にくわえていた巻物」のようなもの。書き込み順にズラズラっと順番に並ぶ。古い書き込みは場所が下がり目立たなくなる。新しい書き込みは「上がり」、一番上の目立つ場所に表示される。(掲示板の設定により新しい書き込みが一番下に表示される場合もあり、その設定は管理人次第。)URLやドメインにも左右されるが、宣伝URLが掲示板表面に晒される為、スレッド式より濃い披リンク獲得には有利。ただし新しい書き込みにどんどん位置を下げられ、2ページ目、3ページ目に追いやられると…例えば宣伝掲示板トップページは静的URLであったとしても、2ページ目以降は動的URLである可能性が高く、披リンクの「質」としては弱くなる傾向にある。訪問者目線で考えると、目的の情報を探すのに「スクロールさせて下まで見る」行為が面倒臭いかも知れない。スレッド式の方が探したい情報のタイトルが一目で分かる。

ドメイン種別だと…
  1. 独自ドメイン→例:
  2. サブドメイン→例:(レンタル)
  3. ディレクトリ→例:(レンタル)
  4. ?付き動的URL→例:(レンタル)

  1. 独自ドメインの宣伝掲示板はやはり披リンク獲得の観点からも非常に価値の高い、披リンク元として活用させて貰いたい事間違いなし。上記は100もの宣伝掲示板に一括書き込み出来る機能も備え、利用者に対し高い披リンク価値を惜し気なく提供している。管理人もよく使用させて頂いており、この場を借りて感謝の意を表したいと思います。

  2. サブドメインの宣伝掲示板は最近増えて来ました。←こちらもサブドメイン形式。サブドメイン形式はサイト自体に披リンクを付け易く、上記のサブドメイン形式の宣伝掲示板も多数披リンク付けをしてありますので宣伝して貰えれば少なからず披リンク獲得に貢献出来るかも知れません。

  3. ディレクトリ形式はサブドメイン形式に比べ披リンク付けが若干難しい面があり、位置付けとしては独自ドメイン>サブドメイン>ディレクトリと評される事も多くありますが…mobile spaceさんなど超メジャー級レンタル貸し出し元もディレクトリですし、あまり差はありません。寧ろサブドメインのプチ流行の方が不思議です(笑)

  4. ?付き動的URLからの披リンクはあまり効果がない、とされていますが実際はちゃんと披リンクとして認識されます。ただ、プログラムで延々と自動増殖出来る為評価も低くなりがちです。しかし、掲示板の大多数は?付きの動的URLで作成されており、口コミで広がるメジャーな無料コミュニティー掲示板なども古株の掲示板レンタルが多いです。決してSEO対策、披リンク獲得に効果がないとは言い切れません。動的URLなのにページランクが付くケースも多々あります。動的URLだからといって忌避する必要は全くありません。動的URLからの披リンクを高く評価するという論説もありました。
区切り線
区切り線
宣伝掲示板←TOP_pageへ
区切り線
Google PageRank
区切り線
- mono space -